HOME

What's New(新着情報)

国々における美容外科

ある国では、美容外科での美容手術が当たり前のように行われているそうで、街には顔立ちの整った方を多く見かけました。
やはり整った顔というのは美しく、見る側に好感を持たせるものと思いました。
また、スタイルの良い人も多く見かけました。
スタイルの良さも、見る側に良い気分を持たせるものと思いました。

日本では、最近でこそ美容外科は身近になりつつありますが、一昔前は特別なイメージがありました。
生まれ持ったものを変えるという観念的な思想に近い感覚から、それはイメージ化して浸透したのではなかろうかと推測しました。
美容外科の利用率の高い国では、自己顕示欲や自分を磨くという事に世間が良しとして見ているといった印象があります。
その国の美容外科は、自己のステップアップの為のもので、あくまで目標達成の為の通過点であると見えました。
それは実に逞しい生きざまと目に映りました。

美容外科においてのお国事情を知る事は、その国々の精神性がよく見えると感じました。
美しくありたいと思う事はどの国の人も共通のようですが、その手段や目的が様々と思いました。
また、美しさの基準というのも様々のようです。
例えば、小さい顔が良いとされている国もあれば、大きい顔こそが価値があるとされている国もあり、また、人相学上あると良いとされる場所にほくろを作ってもらうという事もあるそうです。
各国の美容外科では、どのような施術希望が多いのかは興味のあるところです。

HOME